【フランス語】4ヵ月の語学学校を終えて

      2017/09/22 フランス語

この記事のタイトルとURLをコピーする

4か月間、フランス語学校に行ってきました。
英語も話せず0の状態でプライドも捨てて行ったつもりでしたが最初の3週間が本当にキツかったです。
もちろんクラスはA1。授業は全てフランス語、先生が何を言ってるのかすら理解できず・・・・。
必ず一日に何度も他の生徒と一緒に問題を解いたり話し合いをしたりするのですが、全てが分からないので何もできず、相手に申し訳ないという気持ちばかり。
日本人同士は組むことは殆どありません。なんとかフランス語で話すか、英語圏が多いので英語が出来る方はこっそり英語で話すしかないんです。

授業はその週のテキストがオンラインで共有されるので予習をすれば問題を解いておけばなんとかなりますが、授業は変化球が満載。
先生や生徒の話を聞いて会話するために、家に帰るとインターネットや日本から持ってきた参考書で1から勉強しました。
授業は午前中3時間、家に帰ってから7時間は勉強していました。
4ヵ月経ち、次の週からA2ってところで終了しました。

でも正直、最後まで先生や生徒の会話が全て聞き取れるようになったわけではありません。

日本人を見ていて上達が早いと感じた方は
・英語が堪能な人。ネイティブやTOEC700以上くらいの方
・ホームスティをして日本語から離れ一日中フランス語を話さなければならない状況にいる人
・基礎をきっちり学んだ方
最初は先生が話すフランス語の速さに驚いたり、授業内容が日本と違うので分からないことばかりで皆さん戸惑われ落ち込んでいましたが、英語が堪能だったり基礎をしっかりやっている方は慣れてくると伸びが凄いと思いました。A1に入って来ても1カ月くらいでA2に上がり、3ヵ月経ったくらいにB1まで上がった人も居ました。

やはり自分に足りなかったのは、まず基礎をちゃんと勉強すべきだったこと。
でも現地でのフランス語のみ授業は、日本で勉強するより遥かに密なものです。
授業は喋ることが中心だったので、基礎さえやっていれば少しでも集中することが出来て、学習にも余裕が出来ていただろうなと。

そんな中、役立ったアイテムを紹介します。

スポンサーリンク

電子辞書

殆どの日本人がみんな持っているカシオの電子辞書!!
これを忘れると落ち込むくらい授業で必需品でした。
Google翻訳は単語の訳が1つしかでてこないし、文章はちゃんと翻訳できず、ほぼ使えません。
普段でも持ち歩いてすぐ調べています。

スポンサーリンク

辞書

実際の辞書はそんなに使っていませんが、付属しているCDがすぐれもの。
←こんな感じでPCで使える辞書になり、とても便利です!!
電子辞書は入力が遅くてイラっとするのですが、家ではこの辞書を使っています。

 

 

フランス語参考書

フランスの語学学校ではもちろん文法用語もクエスチョンも全てフランス語です・・・。
なので、慣れるためにフランスの参考書で勉強することを勧められました。
授業では使わなかったので自宅学習用ですが、お勧めされたのはCLEという会社のシリーズ。
イラストもついていたりで分かりやすく、日本の語学学校でも使用されている参考書や問題集です。
それでも私は最初開いただけで無理と思ったくらいなので、先に日本の参考書で基礎をやることをお勧めします。
結構お高いです。フランスでは参考書が大体20€以上、答えは10€前後(なぜ答えが別なのかと・・・しかも高い)。
日本で買うともっと高いかもしれませんが、ご紹介しておきます。


スポンサーリンク
この記事のタイトルとURLをコピーする

 - フランス語