【料理】フランスでKOMBUCHA作りに挑戦してみた②

      2018/01/03 料理

この記事のタイトルとURLをコピーする

仕込んだKOMBUCHAは気になってしまい、毎日のように見てしまいます・・・。

スポンサーリンク

SCOBY無しで仕込んだKOMBUCHAのその後

2/10に仕込んだKOMBUCHA①ですが、新しく手に入れたノーマルで2/14にもKOMBUCHA②仕込みました。

最初に仕込んだのは、大きめの瓶で水面の面積が広いせいもあると思うのですが・・・・
見るときに気になって動かしてしまっていたので膜がちゃんと出来ず、ゲル状の物体が浮いていました。
まだ甘いですが、紅茶の味が無くなり、酸っぱくなってきました。



次に仕込んだのはノーマルのKOMBUCHAで、良さそうな瓶を見つけたので購入して作ってみました。
フランスのスーパーは、こういった小物にバーコードが付いていなかったりするのでレジで困ります(´;ω;`)。



こちらは動かさなかったせいもありますが、表面にしっかりとした膜が張っています。
泡まで固まったかとびっくりしましたが、膜の下に空気が溜まっているだけで、綺麗な膜ができているようです。


表面に白い膜ができているの見えますよね?
実はこちらは500mlに紅茶2パック使いました。
数日の差ですが、容器、カフェインが多いせいもあるのかこちらは発酵が早かった感じがします。
こちらも甘いけど紅茶の味はせず、酸っぱいです。


このお二方のKOMBUCHA水を瓶に移して、新しく甘いブラックティーを作って投入作業です。
右が大きい瓶から入れ替後のKOMBUCHA①
左はこれから作業予定の膜がちゃんと出来たKOMBUCHA②。
発酵すると色が薄くなるのですねー。


KOMBUCHA①には新しい瓶でちゃんと膜を作ってもらい、KOMBUCHA②は膜が厚くなるように頑張ってもらいます。

ネットでKOMBUCHAのSCOBYを探してケフィアも見つけたので、SCOBYと一緒に購入してみました・・・。
KOMBUCHA-Shop (フランスです。日本には発送していないと思う)
明日届くようなので、楽しみ!
今度は緑茶でも作ってみたいなと思います。

日本で買える紅茶キノコ


こちらは紅茶キノコを培養したい方に、スターターキット。
私もこれを購入したかったのですが、フランスで見つからず、アマゾンで送ってもらうにもお金がかかるので諦めました。

スポンサーリンク
この記事のタイトルとURLをコピーする

 - 料理