【フランスで料理】混ぜるだけでとっても便利!!手作りポン酢とサラダドレッシング

      2018/01/04 料理

この記事のタイトルとURLをコピーする

フランスのスーパーでドレッシングが見つからず、無いものと思っていました(大分後に見つけましたが種類も無くて味も微妙)。

小学校の家庭科でドレッシングを作ったことを思い出し、色々混ぜ合わせて作るようになりました。

色々な組み合わせを試しましたが・・・現在はこれで落ち着いています。

私は日本から持ってきた「昆布だし」を使います。
フランスでも中華食材屋さんや日本食材屋さんでも手に入る所もあります。

もちろん材日本でも作れますし、海外で「昆布だし」手に入らなかったら入れなくても美味しいですよ!

スポンサーリンク

ちょっと和風のサラダドレッシング

夫も大好きで、日本に帰っても同じ味を再現してほしいとの要望が・・・。
ワインビネガーが良いアクセントです。

材料

  • ワインビネガー 30cc(大さじ2)
  • レモン汁 30cc(大さじ2)
  • グレープシードオイルや好きなオイル【癖のないオイルが良いかも】 60cc(大さじ4)
  • 昆布だし 5cc(小さじ1)

全ての分量を混ぜるだけ!
私は小瓶に入れて振っています。
野菜サラダはもちろん、マリネにも合うと思いますよ!

手作りポン酢


ミツカンのポン酢マイルドを味見しながら調合したポン酢!!
ポン酢の瓶に入れて出していましたが、夫も手作りと気づきませんでした・・・。

材料

  • 醤油【フランスのキッコーマン醤油】45cc(大さじ3)
  • レモン汁 30cc(大さじ2)
  • シードルビネガー【米酢でもOK】 30cc(大さじ2)
  • 砂糖【てんさい糖】10cc(小さじ2)
  • 昆布だし 5cc(小さじ1)

フランスで買ったキッコーマン醤油は濃いので濃いポン酢が出来上がりますが、少し水で薄めるとミツカンのポン酢マイルドに近い味になります。
昆布だしが入ると深みが出ますが、無くても十分美味しいです。
砂糖や昆布だしが溶けないときはレンジで1分ほどチンします。

スポンサーリンク

応用編のドレッシングとポン酢

 

KOMBUCHAポン酢

KOMBUCHAでできたお酢を使うと、乳酸菌たっぷりのポン酢が出来上がります。
その場合は熱を加えると乳酸菌が死んでしまうので加熱調理はせずに使います。

ポン酢を使ったサラダドレッシング

「ちょっと和風のサラダドレッシング」のレモン汁をポン酢で代用すると・・・
醤油の香りのまたまた違った美味しいドレッシングが出来上がります。

 

材料の紹介

なるべくならフランスで手に入る材料で作るのがモットーです。
何故なら・・・日本の製品はなかなか手に入らなかったり高価なので、もったいなくて使うのに気が引けるんです。
日本で売ってる値段を見ると、フランスで売っているのと値段が変わらない感じがしますが(物価が高いし・・・)、日本製品はそれ以上に高いんです(泣
一応健康も考えてなるべくBIOを使っています。

ワインビネガー

フランスで「お酢」というと「ワインビネガー」を刺すようです。
フランス語でお酢は「vinaigre」ですが、vin(ワイン)+酸っぱい(aigre)= vin aigre (酸っぱいワイン)に由来します。
赤ワインをベースにして作られた赤ワインビネガーは、コクがあります。

 

シードルビネガー

米酢の代用で使っています。
フランスのリンゴのお酢ですが日本の「リンゴ酢」ほど甘くはありません。
甘いリンゴ酢を使う場合は砂糖を減らした方が良いかもしれません。

グレープシードオイル

抗酸化作用が強いということで私はグレープシードオイルを使っていますが、オリーブオイルやサラダオイルなどお好みのものでも良いと思います。

レモン汁

小瓶に入ってスーパーで売っているBIOのものを購入しています。
すぐ使えるのでとても便利!

 

砂糖【てんさい糖】

フランスのてんさい糖は「vergeoise(ヴェルジョワーズ)」です。
日本のてんさい糖はサラサラしていますが、フランスのてんさい糖はしっとりしています。
きび砂糖や、こだわらなければ白砂糖や三温糖でもOKでしょう。

醤油

フランスで売っているキッコーマン醤油は甘口と普通があります。
日本とは少し違う寿司文化があり、甘口の醤油をフランス人は好んで寿司に付けて食べるようです。
私はもちろん普通のを買いますが濃いのでそのまま使わず、何かと混ぜたり調味料として使っています。
日本で買った醤油ならそのままでも大丈夫かも?

昆布だし【日本から】

日本のスーパーで売っている細粒タイプのもの。

まとめ

フランスでは日本ほど便利で気の利いたものがありません。
ドレッシングも家庭では色々混ぜて作っているようです。
まだまだ知らない調味料や食材が沢山ありますが、日本の調味料の代用が出来たり、合うものを探すのはとても楽しいです。
特にポン酢がこんなに簡単に作れるとは思っていなかったので自分でもびっくりしました。

こちらの計量カップはアパルトマンにあったもの。
1CUPが一番大きいのですが、それを元に
1/8CUP 30ml(大さじ2つ分)
1/4CUP 60ml
1/3CUP 80ml
1/2CUP 125ml
とあります。
フランスだけかどうかは分かりませんが、大人数分作るのにこの計量カップはとても便利です!

スポンサーリンク
この記事のタイトルとURLをコピーする

 - 料理 ,