iPhone紛失時に自分でできること | iCloudから遠隔操作

      2017/10/10 スマホ

Photo: Thomas Leuthard
この記事のタイトルとURLをコピーする

iPhoneを紛失した時など、PCや他のiPhone,iPad,iPod touchから遠隔でロックすることが出来ます。
普段ロックをかけていない場合でも、この方法で強制的にロックすることが出来ます。
PCからの操作をご紹介します。
事前に準備が必要ですので、もしもの時の為に事前に確認&設定しておきましょう。

スポンサーリンク

事前に確認&準備しておくこと

①「iPhoneを探す」がオンになっていること

設定方法:「設定」 → 「自分の名前」→「iCloud」 → 「iPhoneを探す」 → 「iPhoneを探すをオン」

②位置情報サービスがオンになっていること

設定方法:「設定」 → 「プライバシー」 → 「位置情報サービス」 → 「位置情報サービスをオン」
③iPhoneが3G、LTE、Wi-Fiに接続されていること

④iPnoneのAppleIDとパスワードが分かること

PCで行う場合

PC側での操作

icloud.comにアクセスし、AppleIDとパスワードでサインインします。

②「iPhoneを探す」をクリック

③中央上の「すべてのデバイス」をクリックし、紛失した端末を選ぶ
(アカウントに端末が1台しかない場合は選ばなくても表示されています)

④「紛失モード」をクリック

⑤連絡先の電話番号を入力することが出来ます。
ロックだけかけたい場合は「次へ」をクリック

⑥メッセージを入れることが出来ます。
ロックだけかけたい場合は「完了」をクリック

⑦「紛失モード」になり、iPhoneにロックがかけられました。

iPhone側

ロックされるとこのような画面になり、操作出来なくなります。

スポンサーリンク

解除方法

①PCでロックをかけた③までの操作をします
icloud.comにアクセスしサインイン→「iPhoneを探す」→「すべてのデバイス」をクリック→ロックをかけた端末を選択

②「紛失モードを停止」をクリック

③「紛失モードを停止」をクリック

これでiPhoneのロックが解除されます。

紛失したiPhoneで「iPhone を探す」がオンになっていない場合

「iPhone を探す」がオンになっていないと、紛失したiPhoneの位置を探すことはできません。
その場合は以下の方法でデータを保護することができます。
①AppleIDを変更する→紛失したiPhoneからiCloud,itunes,iMessage などApple関連のサービスにアクセスできなくなります。
②SNSやインターネットなどのパスワードを変更する→Facebook,Twitter,Googleなど
③盗難届を警察に、通信業者に連絡する→通信業者はアカウントを無効にしたりするなどして使用できないように手配してもらう

まとめ

紛失したiPhoneのほかに別のiPhone、iPad、iPod touchがあれば、PCでなくても「iPhoneを探す」で遠隔操作をすることが出来ます。

SIMのPINコードは必ず変更しておきましょう。
PINコードの変更のやり方です。

スマホ紛失時にAndroidの遠隔ロックのやり方です。

私がスマホを盗まれたお話。

 

スポンサーリンク
この記事のタイトルとURLをコピーする

 - スマホ , ,