【謎】住んでみてびっくり!?フランス生活で日本人が驚いたこと

      2017/09/22 驚き

この記事のタイトルとURLをコピーする

フランスに住み始めて3カ月くらいは自分達の事で精いっぱいでしたが、落ち着いてくると改めて気づくことが多々あります。
「郷に入っては郷に従え」という言葉がありますが、知らないと従えませんし無理なこともあります。
日本人住人からも聞いた、びっくりすることをいくつか挙げてみました。

スポンサーリンク

トイレに便座が無い

住んでみてびっくり!?フランス生活で日本人が驚いたこと日本ではデパートや公共施設にトイレがありますが、フランスにはほぼありませんし、駅のトイレは有料です。
そして、カフェや公共施設などのトイレには便座が無いことが多々あります。
便座があっても衛生面で「うっ・・・・」と思うことが多いのですが、私はなかなか無いトイレに入るのも大変なので便座を拭いたりしてなんとか使います。
便座が無いタイプは、基本的にフランス人は空気椅子で用を足すらしいですが、背が低い私たち日本人は空気椅子をしても便座までうまく届かなくてかなり疲れます。
この上に両足で乗り、和式スタイルで用を足すという強者も居ましたが、万が一落ちた時の悲劇を思い浮かべると私には無理です。


ビデがある

住んでみてびっくり!?フランス生活で日本人が驚いたこと初めて見た時は驚きました。
私のアパートにもあり、外でもたまに見かけることがありますが、フランスでは減少傾向にあるそうです。
形は便器に似ているので一瞬間違えそうです。
ホテルなどについている場合、旅行者が間違えて大きい方をしてしまい悲惨なことになったという話も聞きます。
デリケートゾーンなどの洗浄や足を洗うそうですが、赤ちゃんを洗ってあげたり、掃除用具を洗ったりと色々な用途があるようです。

スポンサーリンク

犬のふん

街並みが綺麗なフランスですが、路上は犬のふんとタバコの吸い殻だらけ。
上を向いて歩くと気持ちが前向きになったり他にも良い効果があるそうですが、怖くて上ばかり見て歩けません。
掃除をしてくれる人が居るからそのままにするそうですが、私が見るものは踏み潰されて雨に流されたようになっているものばかり。
ちなみにこちらのワンちゃんたちの印象は散歩でも鎖に繋がれていないことが多く、日本と比べるとおりこうさんで伸び伸びとしている感じがします(お国柄?)。
ペットショップというものを見たことがなく、ブリーダーさんから直接購入するのかもしれません。

タバコちょうだい

建物内は喫煙禁止ですが屋外は喫煙OKで、吸い殻もポイ捨てです。
タバコを吸っている日本人の悩みは「タバコちょうだい」と声をかけられること。
フランスのタバコは7€と高く、それが理由なのか若者は貰いたばこをするようですが、アジア人はお金を持っているという認識があるらしくカモにされるそうです。
声をかけられた時の上手い断り方は「ごめん、これが最後の1本なんだ」。
電子タバコを吸っている人も多く、フレーバーも沢山ありニコチンが入っていないものやニコチンの量も指定して買えます。
本体にもよりますが吸引量を調節できるので、機関車の如く大量の煙(水蒸気)を出している人も。
1リキットボトル6€くらいで一週間は持ちますし、タールがありません。
公共の場所やレストランなどの屋内は無理ですが、部屋で吸っている人も居ます。
電子タバコは人にあげられないので、声をかけられることもなくなるようです。


コンビニが無い

日本にあるような年中無休24時間営業のコンビニはありません。
元々フランスは法律で営業時間が管理されていて日曜日はお店は休業ですし、平日でも夜21時には閉まってしまいます。
なので、土曜日までに買い物を済まさなければなりません。
街角にはアラブ系の方々がやっているお店があり(日本で言うと昔あった~商店みたいな感じ)、外には必ずと言っていいほど果物が並んでいて、夜遅くまでやっていたりします。
ちょっとしたものを買うときは、アラブ屋さんのお世話になります。

牛乳の賞味期限

スーパーに行くと、常温で水の隣に牛乳が並んでいます。
賞味期限も長く、半年くらいです。
脂肪率で種類訳され、蓋の色で分かれています。
一般的にスーパーに置いてあるものでは、赤は全乳、青は低脂肪乳、緑は脱脂乳。
もちろん冷蔵コーナーにも牛乳はありますよ。
私は濃い味が好きなので赤をいつも買っていました。
マルシェなどでは黄色い蓋の生乳がありますが、賞味期間も短く沸騰させてから飲むそうです。

飲酒運転

住んでみてびっくり!?フランス生活で日本人が驚いたこと2016年現在では、血中のアルコール濃度が0.5g以下ならば運転しても良いことになっているようです。
実際、ビール1杯やワイン2杯くらいで運転しています。
日本と違うと思ったのは、街で泥酔している人をまず見たことがありません。
食事とワインなどのお酒を一緒にとる習慣があるフランスでは、お酒を飲む理由が日本と違うのかもしれません。

げっぷはNG!

住んでみてびっくり!?フランス生活で日本人が驚いたこと

著作者: Dmitriy Sarkisov

おならよりもげっぷの方がNG!
日本ではビールや炭酸飲料を飲んで普通にげっぷをする人が居ますが、フランス人からしてみると相当嫌なはずです。
日本人が普通にしてしまう鼻をすするのもダメで、トイレなどに行って鼻をかんだほうが良いそうです。
ちなみに、マスクをするのは重病人だそうで、マスクを着けて歩いている人は居ません。


時間に遅れる

住んでみてびっくり!?フランス生活で日本人が驚いたことフランス人の15分の遅刻は通常です。それ以上遅れる場合は連絡をしなければならないそうですが、ルーズなわけでもなく理由があるのだそう。
フランス人の自宅に食事に招待された場合、絶対に遅刻をしなければなりません。
例えば16時に家に招待された場合。
フランス人は16時までお客を迎える準備をし、そこから15分で自分の支度をするので呼ばれた側は15分遅れて行くのがマナーなのだそうです。
私の家にもフランス人を招待したことがありましたが、時間の5分前に来てしまい、
「MOMOさん日本人だからチャイムを押しちゃっていいのか、15分待った方がいいのか・・・」
とドアの前で悩んでいたそう。

日曜日は街に人が居ない

土曜日は街に人が溢れ賑わっていますが、日曜日はどうしたの?というくらい街に人が少ない。お店も閉まっており、みんなどこへ行った?と思ってしまいます(月曜日も飲食店は休みが多い)。
日曜日は法律で休みと決められており、家族と過ごす習慣が昔からあるそうです。
日曜日はどの町でも午前中にマルシェという市場のようなものが開催されており、新鮮な野菜や肉、衣類などを売っていて賑わっています。

道をきいたり話しかけてくる

フランスは移民が多く、色々な国の人が混在して生活しています。
そのせいか、いかにもアジア人で地元に詳しくなさそうな私にも話しかけてくることも多い。
最近少しフランス語が分かるようになったのでなるべく対応するようにしていましたが、先日驚いたのはMP3プレーヤーを見せてきて「この曲なんて読むんだ?」と聞かれました。
バス停でバスを待っていても地元の方によく話しかけられます。スマホをいじっていれば「それ、iphone?!あなたお金持ってるわね。ちょっと触らせて」ノー><w。
フランス人はおしゃべりで明るい。でも結構怖い時も多々あり。


他にもまだまだありますが、多分フランスだけではなく他の国でも同じようなことが多いと思います。

スポンサーリンク
この記事のタイトルとURLをコピーする

 - 驚き