【驚】チケット買ったのに…罰金を取るフランスの鉄道

      2017/09/25 驚き

この記事のタイトルとURLをコピーする

フランスの鉄道は改札が無いのでチケットが無くても乗れてしまいます。
私はまだTGVでは出くわした事はありませんが、切符をチェックする人が車両を回ってきます。

チケットを持っていても、ある事をしていないと罰金を取られる事があります。

スポンサーリンク

フランスの鉄道(SNCF)TGVのチケット

自販機

チケットは自販機、窓口やインターネットで購入出来ます。
自販機はクレジットカードのみ。窓口に行くと現金で購入することができます。

CARTE JEUNE(カルトジュンヌ)という若い人用(26,27歳くらいまで?)の物を買っておくと、チケットが割引になるお得なものもあります。
ちなみにバスの定期も年齢によって割引があり、若い人用だと半額くらいになるようです。
悲しいかな私は若くも年寄りでもないので、全く割引がありません(泣

電車に乗る時の注意

ホーム又はホームに降りるあたりに黄色い機械があります。
写真が今ないのでお店出来ませんが、あまり存在感の無い奴なので見逃しがち。
これにチケットを通して印字しておかないと、電車の中でチェックされたら罰金を取られます。
罰金はその場で払えば50€くらい。後払いはもっと高額。
ちなみにチケット無しだと80€くらいとか。
チケット無しはアウトですが、旅行者だからと許して貰える場合もあるそう。
CARTE JEUNEで安く買った切符も、CARTE JEUNE本体を持っていないと罰金が取られます。

スポンサーリンク

バスも・・・

私の住んでいるルーアンにはバスとメトロが走っており、同じ切符で乗り降りも出来、乗り換えも30分以内なら出来ます。
バスに乗ると回数券を通したり、定期を当てる機械がわかりやすく設置されていますし、切符を持っていない場合は、運転手に言うと買う事が出来ます。

切符や定期を通さないでバスに乗ると…。
たまにチェック員が何人か乗り込んできてチェックされ、切符を持っていなかったり定期が切れていると罰金を払った上にバスから降ろされます。
私も語学学校に行くのにバスを利用していましたが、暗記カードを見ていると車内が少し物々しい雰囲気になることがありました。
そんな時は決まってチェック員が数人乗り込んできており、切符を見せてと声をかけられます。
見せた切符は定期ならチェック用の機械に乗せ、回数券なら印字しているかどうか確認していました。

何故改札が無いのか

分からない…。元々改札口と言う概念が無いのだと思います。
改札が無いメリットは、旅立つ友人を入場切符無しで電車が見えなくなるまで見送れる事くらいでしょうか。

最近日本人観光客が罰金を取られるという事が増えているそうです。
せっかくチケットを買っているのに罰金を取られるのはもったいないので、必ず機械に通しましょう!

スポンサーリンク
この記事のタイトルとURLをコピーする

 - 驚き ,