【驚】若く見られたい・・・でもマドモアゼルと呼ばれるのは違う

    驚き

この記事のタイトルとURLをコピーする

お嬢さん?と言われるとある程度の年齢までは嬉しいですよね。
私も以前は「お嬢さん」と呼ばれると嬉しかったのですが、ここ数年前からは「何か策略でも?」「何もあげられませんが?」と疑ってかかっていました(大抵は風俗やモデル事務所と名乗る怪しい人)。
フランスに来てからほぼ「マダム」と声をかけられています。
ああ、私もおばさんなんだなぁとがっかりもするのですが、どうやらマダムには色々な意味があるようです。

スポンサーリンク

19歳くらいでもマダムと呼ぶ

語学学校に行っていた時、19歳くらいの女の子の生徒の事を授業で紹介するのにマドモアゼルを使った男子生徒が居ました。
でも先生(フランス人)は、「そのくらいの歳はもうマダムなのよ。」と言ったのです。
日本だと20歳前後はお嬢さんで通用したと思う。実際私も25歳くらいまではお嬢さんと言われていた気が・・・。
フランスは一体何歳くらいまでがマドモアゼルなのか?

一般的に結婚していない女性がマドモアゼルのようですが、どちらで呼ぶかは本人の考え方次第もあるようです。
マダムと言ってみたら、私は結婚してないからマドモアゼル!と直されたらそう呼べばよいようです。

マダムはマドモアゼルより格上

フランスではマドモアゼルよりマダムがずっと格上。
なのでまずマダムと呼ぶのが無難なのです。

マドモアゼル=お嬢さん、未婚女性
マダム=お姉さん、既婚女性、奥様、おばさん、おばあさん

のようなイメージがありますが、フランスではとらえ方が全く違います。
マドモアゼルは一人前ではないという意味があり、マドモアゼルをマダムと間違えるのは良いですが、逆は失礼に当たるそうです。
マダムは一人前の大人の女性ということなんですね。

スポンサーリンク

カフェでも店でもどこでもマダム

私の場合カフェに行くとカフェのマダムから「こんにちはマダム、今日もカフェラテ?」
私も人をマダムやムッシュと呼ぶのは何か恥ずかしくて慣れませんが郷に従い「こんにちはマダム、カフェラテをお願いします」と答えます。
フランス人を見ていても、街では声をかけるのに女性にはマダム、小さい子にはマドモアゼル、男性にはムッシュを必ず使います。
それがマナーのようです。

そんなマダムの意味を知ってから・・・

最近カフェでコーヒーを飲んでいると必ず現れる男が居ます。
そのカフェは学校が近いので中学生か高校生くらいの若人が沢山ですが、近所のおじちゃんおばちゃんも来ています。
その男は私の事を毎回「マドモアゼル」と言って親指と人差し指をすり合わせます。
フランスでこの行為は「お金」を示す行為で、いわゆる「お金くれ」ってやつです。
私の事をマドモアゼルと呼ぶのは今のところ、コイツだけ。「ノン!」と言って断りますが。
しかも学生達にもお金をせびる大人なんて・・・。
ここは学生ばかりなので私の事もついでにマドモアゼルなんでしょうけど、超失礼なヤツ!!。

まとめ

ちなみに、叱られるときも「マダム!!!!」と言われます(泣

スポンサーリンク
この記事のタイトルとURLをコピーする

 - 驚き