【フランスで忘れ物】財布を忘れて一人でカフェに行ってしまった話

    驚き

この記事のタイトルとURLをコピーする

毎日の日課はカフェでカフェラテを飲むことです。
オフランスだねとか、シャレてるように思うかもしれませんが、そんなつもりはさらさらありません。

何故か身体は日光を欲しているから日に当たりたいし、外に出たいし、外で落ち着いてリセットしたいんです。

もちろん、強い雨が降ってる日は行きませんが、小雨くらいなら全然行きます。
最近朝は0度になるので、がっつり着込んでテラスで飲みます。

スポンサーリンク

最近通っているお店

最近通っているカフェは家の近くで、学生が多いせいかカフェラテが安くて美味しいんです。

中心街だとカフェラテの大きいサイズは高くて4€。
私が通っていた店は3€。

今通っている店は2.2€です!!!おぉぉぉ。

毎日行っているせいか、座ると注文しなくても自動的にカフェラテが運ばれてきます
それはとってもありがたいことなんですが、先週焦りました。

財布を忘れていた

いつものように、テラス席に座りました。
お会計を後からすると面倒なので、私はいつも飲み物を持ってきてくれた時に渡します。

だから先にお金を財布から出して、すぐ出せるように用意しておきます。
カバンを開けると、財布が無い(汗

まずい。「家に戻って財布取ってくる」ってなんてフランス語で言ったらいいんだ・・・。
そうこう考えているうちに、カフェラテが運ばれてきてしまいました。

私は忘れた頭から頑張って絞り出しながら喋りました。

Pardon Monsieur, j'ai oublié mon argent à la maison. je vais rentre à bientot !!

ムッシュはコクコクうなずいてくれていましたが、私は合っているかどうかわからないフランス語なんとか口に出し、家に走りました!!

スポンサーリンク

走る!!

間違っていても、通じてくれていればいい。
「oublié=忘れた」、「argent=お金」、「maison=家」
この単語が通じていれば、絶対空気読んでくれているはず・・・!!
でもアビヤント!って「またね!」って逃げたのかと思われたら、あの店にもう行けない・・・。

家に戻って財布を取り、走って息を切らしながらカフェに戻りました。

すると、私が座っていたテーブルにはちゃんとカフェラテが残ったまま!!
そして、無事にムッシュにお金を払うことが出来ました。

ムッシュがなんとか理解してくれたか、空気読んでくれたようでホッとしました。

まとめ

そして先日は、スマホを忘れてカフェに行ってしまいました。
カフェラテ飲みながらスマホいじりたいのに手持無沙汰で、早目に切り上げてしまいました。

それと、外国語は間違っても言葉に出して実際使うことが大事だと色んな方に教わりました。
それは絶対そうだと思います。
間違ってたら恥ずかしいから・・・・というのが日本人に多いです。
恥ずかしがらずに喋る機会があるならどんどん喋りましょう。

スポンサーリンク
この記事のタイトルとURLをコピーする

 - 驚き