【海外赴任】海外長期在住者のスマホ事情。あなたはどうする?

      2017/10/10 スマホ, 渡航準備

この記事のタイトルとURLをコピーする

海外に暫く住むとなると、携帯番号をどうするか悩みますよね。
解約か、休止か、継続か、格安SIMか・・・。

私は日本在住時はauでiphone6を使っていました。
iphone6はSIM解除できないし、海外に長期で持っていくならSIM解除できるiphoneがほしい。
LINEの普及で電話を殆ど使っていないし、大手キャリアの基本使用料が高いので格安SIMへの乗り換えも考えました。

調べたことをまとめます。

スポンサーリンク

解約

解約時期によって違約金が発生することもありますが、海外で使わない基本使用料を何年も払い続けるより遥かに安いかもしれません。
解約してしまうと番号も消えてしまうので、日本に帰国したときに新しい番号をたくさんの人に教えるのも面倒。

メリット

  • 料金がかからない

デメリット

  • 一時帰国時の連絡手段が無い
  • 日本に帰国したときに新たな番号を契約して知らせるのが面倒
  • 解約時に違約金が発生することがある

 

休止

保存期間がau,SoftBankは5年、docomoは3年と期間が決まっており滞在期間がそれ以内の方には良いと思いますが、長期になる方は他の方法が良いと思われます。

メリット

  • 料金が最小限ですむ
  • 帰国しても再開すれば同じ番号を使うことができる

デメリット

  • 保管期間が決まっているので長期の海外滞在者は無理
  • 端末の分割支払いが残っている人は注意

以下は各キャリアの詳細。
料金的にau、SoftBankはそんなに大差は無いようですが、docomoは事務手数料が1000円と安いですが保管期間は最長3年間です。

[au]一時休止・再利用

  • 契約事務手数料:2,000円
  • 月額使用料 (情報保管料):372円
  • 電話番号およびメールアドレスの保管期間は最大5年間

出典:au/一時休止・再利用

[SoftBank] 電話番号・メールアドレスお預かりサービス

  • 事務手数料3,000円
  • 月額:390円
  • 電話番号およびメールアドレスの保管期間は最大5年間
  • 保管解除時は、事務手数料は不要

出典:SoftBank

[docomo] 長期間利用されないとき(海外赴任・留学など)の電話番号保管・解除

  • 事務手数料1,000円
  • 月額:電話番号保管400円、メールアドレス保管100円
  • 最長3年間保管
  • 保管解除時手数料は不要

出典:docomo/長期間利用されないとき(海外赴任・留学など)の電話番号保管・解除

スポンサーリンク

格安simへ乗換え

メリット

  • 電話番号がそのまま海外でも使える
  • 安い料金で電話番号を使用できる状態にしておける

デメリット

  • SIMフリーのスマホを持っていない場合は購入しなければならない
  • 着信料金が海外だと高い
  • インターネットは使えない

私が持っているのはiphone6なのでsimロック解除が出来ず、解除しなくても使えるSIM会社もありましたが、使えるという保証も無く時間も無かったので格安SIMの選択肢は諦めました。
基本料金は安いですが、海外ローミングで着信するとなると高額な料金になります。インターネットはできないので結局長期滞在の海外では眠らせておくことになります。

私が取った方法

色々悩みましたが、諸事情でauでiphoneSEを分割で購入し(半年後には自分でSIM解除ができる)、一番安いコースで継続しています。
フランスでのインターネットや電話はsim(FREE)を購入し、日本で購入しておいたSIMフリーのアンドロイドに刺して、iphoneはデザリングで使っています。

しょうがないですが、ほぼ使わない日本のスマホに月額7000円以上取られています。
たまに間違い電話がかかってきて慌てて出るとアンケートだったり(怒)。
高齢の親の為に電話番号をそのまま残したかったのですが、結局今のところやり取りはLINEなので日本の電話番号は使っていません。
海外に居ると電話に出ただけで料金がかかってしまうので痛いです。
一時帰国ができる二年後には分割が払い終わるので、そこで休止をしようと考えています。

スポンサーリンク
この記事のタイトルとURLをコピーする

 - スマホ, 渡航準備 , ,