【フランス観光】ロワール渓谷古城巡り

      2017/09/22 フランス観光

この記事のタイトルとURLをコピーする

トゥールに2泊のロワールの古城巡り!に行くことになったので、城を調べてまとめていました。
初めてのロワール渓谷なので、とりあえず有名どころから行くことにしました。
フランスにいるうちに全て回ってみたいですね。


300をこえるロワールの古城のうち初期のものは、元来中世に城砦として建造され始めたものであった。例えば、1429年にフランス王シャルル7世とジャンヌ・ダルクが最初に対面したシノン城も、もとはイングランド王ヘンリー2世が軍事的理由によって築いた城塞であった。

ルネサンス期のフランソワ1世の頃から政治の中心はパリに移されたものの、ロワール渓谷はなおも王族とかかわりが深かった。例えば、ルイ12世のときに大改修が行われたブロワ城は、続く歴代の王フランソワ1世、アンリ2世らにも使われ、ギーズ公アンリが殺害された1588年の三部会の舞台ともなった。また、ロワール渓谷最大の城であるシャンボール城、美しさで知られるシュノンソー城やアゼ=ル=リドー城などが築かれたのもこの時代である。

ルイ14世の頃からはヴェルサイユ宮殿の存在によって、ロワール渓谷の政治的な重要性は失われたが、その後も改修などは継続されたため、主要な城は廃れることはなかった。ただし、フランス革命期には多くの城が破壊され、盗難にも見舞われた。
出典:wikipedia

行きたい城は移動時間もかかるしゆっくり見たかったのでトゥールに宿を取り、オルレアンにも行きながら4城見てきました。
城にはそれぞれのロマンがあり・・・事前に知ってから行くとますます楽しめると思います。
私がまとめた城のエピソードを共有します。

スポンサーリンク

シュヴェルニー城


「ロワール最大級の城」
とても大きくて、城に入るまでが長かった・・・・。
綺麗で豪華なお城でした。

シュノンソー城

歴代城主が全員女性だった「6人の女の城」。
川の上に立つ城。一番行って見たかった城です。
第一次世界大戦中は病院として使われていたそうです。

 

スポンサーリンク

ヴィランドリー城

「美しい庭園」
広い庭園には野菜も植えられていて、見ごたえがありました。

ユッセ城

『眠れる森の美女』の王女が眠る城

ディズニーのシンデレラ城に似ていますね。
ロワールの城の中で特に美しいと言われているそうで、中の装飾や城の外観は一番好みでした。
出典:wiki

張り切って学生証を持って行ったのですが、学割にも年齢制限があり・・・・( ノД`)シクシク…
私は通常料金でした。

スポンサーリンク
この記事のタイトルとURLをコピーする

 - フランス観光